Google Mapsのクチコミ募集中Click!

ヘナでも警鐘!植物だからかぶれないわけじゃない、ヘナカラーによるアレルギーに気をつけよう

ヘナのリスクを知っておこう

「ヘアカラーはヘナなら安全だから大丈夫」

そう思ってヘナで白髪染めをしている方もいるのではないでしょうか?

ヘアカラーでジアミンかぶれを起こしてしまった方で、どうしても白髪を染めたいからとヘナに移行する方はたくさんいます。

ヘナで染めることにはジアミンかぶれがあっても染められるメリットもあれば、明るくできないことや植物かぶれになってしまうというデメリットもあります。

植物かぶれ以外にも・・・

ヘナは絶対にダメですというわけではありませんが、ヘナであってもアレルギーになるリスクはあるということだけ知っていただきたくて生地にします。

目次

ヘナでもアレルギーがある

通常のヘアカラーでアレルギーになってしまうと「カラーをやめたほうがいいです」や「マニキュアやヘナならいけると思います」と美容師さんに言われることになると思います。

どうしても生えてきてしまう白髪を染めたい方からすればヘナカラーは救世主のような存在になるかもしれません。

ただし、ヘナカラーにも「植物アレルギー」があることを知っておきましょう。

通常ヘナカラーで強いアレルギーが出ることは聞いたことはありませんが植物アレルギーは重症化をすることも。

  • 喘息
  • 呼吸困難
  • 全身のじんましん
  • 喉頭浮腫などの多臓器のアレルギー症状
  • チアノーゼなどの循環障害を伴うアナフィラキシーショック

重症化をしてしまうと命に関わってしまうことがあるのが植物アレルギーになります。

直接口にするわけではないので喉や呼吸器系などに来ることはないと思っています。が、ないわけではないということを認識しておいてください。

ヘナでもジアミンかぶれになることもある

ヘアカラーでアレルギーになってしまったからヘナに移行したのに、思いがけず通常のヘアカラーのアレルギーが出てしまうこともあります。

その理由としては美容室の取り扱いのヘナが等級の低いヘナ(ケミカルヘナ)を使用している場合です。

純粋な等級の高いヘナ(ナチュラルヘナ)の場合はヘナのみの染料(ローソニア)ですが、等級の低いヘナの場合は染毛力を上げるためにヘアカラーのようにブラウンの染料を入れていたりもします。(発色力を上げるためのブラウンの染料にはアレルギーのもととなるジアミンが使われています)

等級の低いヘナの粉には不純物が混じっている場合もあり、化学肥料の使用や染料の含まれていない部位までパッケージングされています。

豆知識

通常ヘナは葉を乾燥させて粉にしたものを使います。

基本的にヘナはオレンジ色に染まるので茶色にはならず、茶色にするためにはインディゴの青い染料を混ぜて濁らせていきます。

これは美容師さんにもあまり知られていないことなので、そんなつもりがなかったとしても起こりうることです。またメーカー側が教えてくれていないこともあるので責任の取りどころが難しいです。

万が一でもヘナでアレルギーが起きてしまったら美容室と皮膚科に相談をするようにしましょう。

原因がわかればヘナを続けることができるようにもなるので、上記の2者へは絶対に連絡が必要です。

ヘナカラーについてのまとめ

ヘナカラーで髪を染めることに対してのリスクを書かせていただきました。

きっとほとんどの方がヘナでかアレルギーになってしまうということはないと思いますが、アレルギーが出てしまうこともあるという可能性も0ではありません。

万が一にでも発症してしまった際には以下の行動を。

  1. 皮膚科での診療
  2. 美容室への連絡

原因がわかることで新たなアドバイスをもらうことができ、白髪との向き合い方が変わるようになります。

またトラブルが起きてしまって美容師さんとの関係が崩れないように伝えることはとても大切だと思うので、お互いのためにも隠さないようにしてください。

ご自身の髪をどうすればいいかお悩みの場合は相談にのるので、ぜひ下のボタンからLINEに登録してご連絡をお待ちしております。

\ 友だち追加は”0円” /

ヘナのリスクを知っておこう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアしてね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次