Google Mapsのクチコミ募集中Click!

毎日のお手入れにおすすめの道具『ツインブラシ』を紹介

クセを伸ばしたり、髪をまとめるためにヘアアイロンはお使いですか?

毎日アイロンを髪にあてている人はツヤツヤにまとまっているように見えて、じつのところ髪の毛がパサついているということも多々あります。

アイロンは一般的に100℃以上で使用することが多く、最近のアイロンでは市販品のものでもプロ仕様のように180〜200℃もの温度が出るようになっています。

100℃を超えるような温度は髪の毛を炭化させ水分をキープすることができなくなってしまうこともあるので、使い方や温度設定にも気をつけてほしいところです。

炭化とは

髪の中のタンパク質は60℃以上で熱変性をおこし、少しずつ焼けていきます。目玉焼きを作るときに白身が白くなっていき、だんだん焦げていくところを想像していただければOK。

焼けてきた髪の毛はプルプルの状態に戻ることはないので、熱をあてるほど熱ダメージを蓄積していくのでいずれボロボロに。

焼けきった髪の毛は炭のようになるので炭化といいます。

アイロンの使い方に気をつけた方がいいということはわかっているけれど、どうしていいかわからない。毎日アイロンをしていて髪のダメージが気になるという方に『熱ダメージを軽減するための道具』をご紹介。

目次

髪を挟んで使う『ツインブラシ』

美容師が使っているブラシをおすすめされて使ったことがある方もいらっしゃるとは思いますが、ブラシをうまく扱えず髪をキレイにできなかったという声を聞いたこともあります。

紹介する『ツインブラシ』は《髪の毛を挟んでドライヤーをあてるだけ》なので簡単に髪の毛を自然なストレートにしてくれます。

ツインブラシの特徴

ツインブラシにも様々なものがあります。

幅の広さ、ブラシの毛質、プレートは入っているかなどなど。

値段も幅がありますが、高いからと言って良い物というわけではないと考えています。

当店が扱うものは使い勝手がよくコスパにも優れているものなので、その特徴を以下に。

特徴
  • 多めに挟んでも伸ばしやすい幅広
  • 猪毛で髪に艶を出しやすい
  • ドライヤーの風を通しやすい穴が空いている
  • ブラシの中に熱を溜め込んで伸びやすい
  • バネが入っているので慣れていなくても使いやすい

ツインブラシの使い方

すごく簡単な使い方で『伸ばしたい髪を挟んでドライヤーの風を当てる』だけです。

普通のブラシでブローだと「力の入れ方がわからない」という方や「向きがわからない」という方がいらっしゃいますが、これは方向を気にしなくていいので、楽にまとまりのある髪を作れるようになっております。

ツインブラシで髪は傷む?

ツインブラシを使うことによる髪のダメージはほとんどありません。

アイロンをするように180℃前後の熱を髪に直接当てるわけはなく、一般的なブローをするのと同じレベルとなっています。

おそらくですが、くるくるドライヤーの方が傷むような気がしています。

その理由は風量が弱いのにまとまりがでるまで一生懸命同じところに風を当て続けるので、余計に水分を飛ばしてしまうからです。

ちゃんとしたドライヤーでしっかり挟んで短時間でまとめられるツインブラシの方が傷みにくいかなと考えています。

ツインブラシの価格

ツインブラシの価格2420円
当店の取り扱い商品

おそらく美容室で扱えるツインブラシの中では最安であるとは思います。

これ以外にもお高いものはありますが使い勝手や機能性を考えるとわざわざ高いものでなくてもいいという判断でコチラの商品をご用意しております。

ツインブラシの購入方法

ツインブラシは当店で購入可能なっております。

常時お店に用意しているわけではないので取り寄せになってしまうこともありますが、遅くとも1週間以内にご用意はできます。

よほどお急ぎでなければ店内で使用しているものを見て、興味をお持ちになったらご注文いただければと思っています。

気になっていたり一度触れてみたいという方は下のボタンから当店のLINEを友だち追加後して、気軽にご連絡ください。

\ 友だち追加は0円 /

お客様から好評をいただき入荷したものがすぐなくなってしまうので、いつでもお求めいただけるように随時在庫を準備しておくようにいたします。

まとめ

ツインブラシはなくても大丈夫なヘアケアアイテムではありますが、一度使っていただけるとその便利さがわかっていただけるものだと思います。

アイロンの熱の蓄積によるダメージが気になっている方や、アイロンは使うまでもないけど広がりを抑えたり髪のツヤがほしいと考えている方にはおすすめしています

挟んでドライヤーを当てるだけの簡単まとまり体験をぜひどうぞ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアしてね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次