Google Mapsのクチコミ募集中Click!

改めて縮毛矯正施術を導入する理由と背景

当店ではオープン当初は縮毛矯正を導入していませんでした。理由としては

ブリーチやハイトーンカラーをされているお客様が多いのに、より強いダメージを与えて髪に負担をかけてしまってはツヤのある髪に近づけない

といった考えのもとでした。

お店のコンセプトがツヤのある髪なので、ダメージでツヤをなくしてしまうことは以ての外だったんです。

今になって縮毛矯正を導入するにあたり、真っ直ぐな髪の毛に期待していたお客様にはできないような旨をお伝えしていて申し訳ないと思っています。

目次

くせにお悩みの方でももっと輝くツヤを

髪がまとまる クセを取るとキレイになります

髪にクセがあるとツヤが途切れてしまい、しっかりとしたツヤを感じていただきにくい現実があります。

もちろん髪質改善だけでも髪の毛は扱いやすくなり、広がりにくくなるので毎朝のお手入れや触り心地は断然に良くなります。

しかしお客様自身でももっとツヤを再現させるには、、、と考えると髪の毛自体をクセのない状態にすることが必須でした。

オープン当初は導入しないと決めていた縮毛矯正ですが、お客様のご意見や考え方を柔軟にと思いいい薬剤を探し始めた理由はこういったところからです。

ハイダメージの髪の毛でも縮毛矯正可能に

ブリーチをしていたりハイトーンの髪の毛はそうでない髪に比べて薬剤耐性が低下しており、通常の縮毛矯正の薬では過度なダメージを受けてしまいます。

ダメージ毛はできる限り強いアルカリ施術を避けなければいけません。

いろんな薬剤や技術を探し勉強を勧めていく中で『髪への負担を抑えてキレイにできる技術の提供』に期待が持てるようになりました。

phやアルカリの調節をし負担をなくした縮毛矯正

ちまたでは酸性ストレートと言われるものが出回っていて「傷ませずにクセを伸ばします!」というフレーズを使うこともありますが、どんなものを使っていても髪の毛は傷みます。

酸性ストレートの失敗話やお客様の体験談を耳にすることもあるので少し敬遠していました。

そこで見つけた薬剤が「酸性〜アルカリ性」「ph調整」などお客様一人ひとりの髪の毛に合わせて幅広く調合可能なものでした。

クセの具合や髪質に応じて薬剤を選定できるので、独自調合でキレイにする当店のオートクチュール髪質改善ともコンセプト的にマッチしていてお客様に提供しやすいなと思います。

実際に施術した髪

部位によってクセの度合いが違い、毛先にはブリーチ歴もある難しい髪ですが乾かしただけでさらっとなめらかなストレートになりました。毛先に残るパサつきはこのあとカットでお手入れして手触り改善もしています。
頭頂部付近にほんのりうねりがありますが、まっすぐ過ぎないように調整しているのでこれでOKです。

ツヤ髪の正解はひとつではない

美容師は星の数ほどいて、同じ数だけ髪に対する理論があります。

ですので、ツヤのある髪の毛の作り方として当店が正解とも言えないですし他店がだめだとも言いません。

ただできる限りお客様の髪にツヤをもたせ、もっと自分の髪を好きになってもらい、もっと褒めてもらえる髪になってもらうために取り組んでいくのでぜひ正解の一つだと認識していただけたらと思います。

ダメージのある髪の毛をキレイにするという技術はとてもデリケートで難しい技術なので、ぜひ料金だけで選ばないようにしてください。

他のお店で満足できなかった髪の毛で不満を抱えて悩んでいるのであれば、まずは一度相談をお待ちしております。

【店舗見学・相談は30分0円】で承っております。

\ 友だち追加は”0円” /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアしてね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次